So-net無料ブログ作成

箱根山噴火警戒レベル3へ引き上げ 箱根駅伝は大丈夫? [雑感]

こんにちは!

箱根山の活動がどんどん活発になっていますね。

今朝は箱根町で震度3を記録する地震が起きたかと思えば、

午後12時30分には気象庁が箱根山小涌谷であらたな噴気孔を確認し、噴火警戒レベルを3の「入山規制」へ引き上げたと発表しました。






スポンサードリンク










◇マグマ活動が活発になった証拠

しばらく活動が収まったかに見えた箱根山の大涌谷でしたが、昨日になり火山性微動が観測されマグマや水蒸気の移動が起きていると予測されていた。

そして、今朝の地震と小規模の噴火につながったと思われる。

箱根町湯本では29日に震度1を観測する地震が3回、30日は午前6時から11時までに震度3が2回、震度2が3回、震度1が5回あったという。



◇箱根山が噴火するとどうなる?

箱根山のマグマ噴火は有史以前、約8000万年前と約5700年前、約3200年前の3回のころだという。

そして約3000年前の水蒸気噴火で仙石原と芦ノ湖が誕生したのだとか。

有史以降は水蒸気噴火に限られているということで、箱根山が噴火した過去の被害の様子が書かれた記録は残っていない。



◇箱根駅伝の開催も危うい?

芦ノ湖を折り返し地点とする箱根駅伝。

入山規制となる火口から半径1km以内は当然箱根駅伝の走行ルートに含まれる。

来年初めまでに活動が鎮静化していないと、史上初の噴火の影響によるルート変更や中止も検討されるかもしれない。

(ここんところ母校が出場しているから毎年正月は楽しみに観ているのだが…)



◇富士山の噴火や東京直下型地震の誘発が一番怖い

今回の活発な活動も水蒸気噴火で終わる可能性もあるが、富士山との居地が近いため富士山の噴火を誘発する恐れがある。

東日本大震災以降大きな噴火が起きていないことを考えると、一層現実味を帯びてしまうから怖い。

富士山の噴火ともなれば、小田原や横浜市内にとどまらず、東京や埼玉にまで火山灰が届くという。

また、東京直下型地震の確率はここにきて上がってきているとも言われています。

箱根山の噴火や火山性地震に誘発されないともいいきれません。



そうなると、箱根駅伝どころの騒ぎではなくなりますね。(まだ言っている)

いや復興のシンボルになるかもしれない。(どこまでこだわるのか…)

いずれにしても、無事箱根駅伝が例年通り開催れることを祈るばかりである。(それ程箱根駅伝が好きということ)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。