So-net無料ブログ作成

巨人 原監督に提言!信頼ある采配を? [巨人]

おはようございます!

この暑い夏場、やはり守りに入ってはいけませんね。

昨日の巨人は菅野で星を落とす痛い敗戦となってしまいました。




スポンサードリンク










◇裏目に出た布陣

菅野なら1点取れば勝てる。

守備が足を引っ張らなければ…。

そう考えたのだろう(おそらく)。

だが、昨日はその布陣が裏目に出た。

菅野は序盤から点を失い、味方が逆転しても直後に再逆転を許す始末。

結局、チームは接戦を落としたばかりか、エースが投げる試合を落とすという二重のダメージを受けることとなった。

原監督とすれば、ここは一気に3タテで混戦を抜け出すため、気を緩めず手を尽くそうとしたのだろう。

しかし、昨日の試合に限っては見通しが甘かったと言わざるを得ない。



◇エースの扱い

まず、菅野をエースとして扱うのなら、もっと余裕のある采配をしてもいいのではないだろうか?

確かに坂本はホームランを放ったが、打線のつながりを考えると疑問ののこる内容だった。

好調の夏男村田や吉川をそのまま使い勢いを保ちつつ、結果がダメでも、そこはエースが踏ん張る。

しかし、昨日はその逆でエース菅野で負けるわけにはいかないという思いが出過ぎて、却って消極的になってしまったのだ。

結果その部分が付け入る隙となり、勢いが完全に止まってしまった。

エースが投げるなら、味方のミスも帳消しにするくらいの強さがあってこそだし、その姿を見て味方が奮い立つのではないだろうか?



◇これからのキーワードは”信頼”

原監督はよく「選手の状態を見極めて、その時のベストメンバーを使う」という。

打線は生物、すぐに対処しないと手遅れになると思っているのだろうが、大切なものを忘れてはいけない。

それは”信頼”だ。

競争もいいが、それは前半戦までのこと。

これまでに十分見極めてきたはずだ。

”信頼”があってこそ選手は活躍する。

”信頼”無き起用では幾ら競争とはいえ、選手達のモチベーションは上がってこない。



いつまでも”新成”にこだわり過ぎると自らの首を絞めることになりかねない。

”信頼”あっての”新成”ですよ、原監督!


スポンサードリンク



タグ:巨人 信頼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。