So-net無料ブログ作成

巨人 足だけじゃない鈴木尚広の武器とは [巨人]

おはようございます!

連日のように冷房が活躍する熱帯夜が続いてますが、巨人が勝っていれば乗り切れます。

何と言っても目覚めが違いますね。




スポンサードリンク










◇連夜のサヨナラ

8回裏まで0-0の息詰まる攻防は劇的な結末となった。

8回裏、ワンアウト2.3塁から阿部が歩かされると、男村田の代打高橋由がきっちり犠牲フライを放ち巨人が1点をもぎ取った。

次の回、沢村で締めようというところだが、DeNAもそう簡単には終わらない。

変わった沢村を攻め同点に追いつく。

このまま連夜の延長戦かと思われた9回裏、

試合を決めたのは神の足鈴木尚広だった。

エレラの速球をキッチリ見極め、カウント3-1とした後、甘く入った高めの球を詰まらせながら前進守備のセンター前に落とす技ありのヒット。

2塁から松本哲が一気にホームインして、昨日に続き連夜のサヨナラ勝ちとなった。



◇鈴木尚広を支える高い集中力

プロ19年目で初のサヨナラヒットだという。

足の職人鈴木尚広が試合を決めたのには訳がある。

終盤に代走で出場する鈴木は相手バッテリーが警戒する中、一瞬の隙をついて次の塁を陥れる。

それを可能にしているのは彼の俊足や走塁技術に加え、途中出場でも失わない高い集中力だ。

昨日も代走で出場した8回裏、高橋由の犠牲フライでホームを踏み、キッチリと役割を果たしていた。

しかし、同点に追いつかれた9回、打席が回ってくると、DeNAエレラの制球の乱れを見逃さず、カウントを有利な方へと導いた。

走塁もサヨナラヒットも高い集中力の中で、自分の役割を最大限発揮することのできる鈴木尚広ならではの働きだった。



DeNAに3連勝と勢いに乗ったのは大きい。

首位と0.5ゲーム差で今日からは東京ドームで中日との戦いだ。

最下位といえど、油断のならぬ相手。

連勝の勢いを止めずに混戦を抜け出してもらいたいものだ。


スポンサードリンク



タグ:巨人 鈴木
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。